TOP 
  講演・セミナー

○横浜銀行行友会   


■ 演題: 「全国の千か寺・千社」を廻って
     
■ 講師: 田廻良弘
■ 主催: 横浜銀行行友会
■ 月日: 平成30年7月26日(木)      
■ 時間: pm1:30-3:30(2時間)      
■ 会場: YBS南幸ビル8階大会議室
■ 参加人員: 50名

■ 講演内容(パワーポイント) 





○無料講演(ボランティア活動)
   

■ 演 題 : 「千か寺探訪」「千社探訪」を元にした
         
「全国の千か寺・千社を廻って」などの探訪記のほか
         
「面白寺社探訪」、「お寺と神社の見方」・「楽しみ方」、「神仏習合の不思議」
         
「原始仏教と日本の仏教」、「日本の宗教心を考える」などなど
■ 時 間 : 15分から2時間など(ご要望に応じ自由に設定)
■ 講演料 : ボランティア活動として無料
■ 小冊子 : 「お寺と神社の楽しみ方」(カラー70頁)無料配布      
■ 対象  : 町内会、各種団体、老人会、企業内研修会、親睦会など原則として限定なし
 
 ボランティア活動について
 大学を70歳で定年退職し、今までの「経済・経営」から180度異なる「寺社」の世界へ飛び込んだ。「お金」も大切であるが、それだけでは物足りない、人生で何か忘れ物をしている感覚もあった。そこで健康のためにもなると寺回りを始めた。それが「千か寺探訪」のきっかけである。さらに日本の神仏習合を強く感じ「千社探訪」へ向かう。お寺は3年、神社は2年、合計2千件を駆け回った。凝縮された期間だからこそ感じるものがある。
 それを「千か寺探訪」、「千社探訪」の2冊の本に纏めた。その過程で寺社の魅力、奥深さと共に課題や問題点も見えてきた。一方、人生後半になったら、自分ができる範囲でボランティア活動など社会還元をしなければと思いもあった。講演は現役時代、テーマは違うが、北海道から九州まで100件ほど全国を回っている。「書く」と「話す」という自分の持ち味を生かした社会還元はないか。それが本と講演である。
 また、人生100年時代、団塊の世代が後期高齢者になる。自分の人生を楽しみながら、第二の人生の生き方のヒントになる「ボランティア活動」でもありたい。
 

○川崎南ロータリークラブ   


■ 演題: 日本の仏教を考える
        -1000か寺を巡って-
     
■ 講師: 田廻良弘
■ 主催: 川崎南ロータリークラブ
■ 日時: 平成27年8月4日(火)      
■ 会場: 川崎日航ホテル
■ 参加人員: 35名
 

■ 講演内容(パワーポイント) 





   

 講演の感想

  「日本の仏教を考える−1000か寺を巡って」というテーマでのご講演でございました。日本中の寺を巡られて地域から得られた生情報として妙蓮寺のお話をしていただきました。妙仙寺というお寺が、横浜線の関係で移転を余儀なくされ移転先のお寺(蓮光寺)と合併して名前が妙蓮寺となったと聞き大変興味深く感じました。
 また、日本のお寺にはご本尊(仏像)があるがお釈迦様は偶像を否定している、それでは日本の仏教とは何か?というお話もしていただきました。神仏習合、輪廻思想(古代インド)、大乗仏教、儒教などの先祖供養、禁キリシタンのための檀家制度などを経て現在の日本の仏教と釈迦の仏教とは全く違うものになったというお話を聞き、大変驚きました。今後の日本の仏教は葬式仏教だけではなく心の病に手を差し伸べていくべきとの提言にも感銘を受けました。
                                        川崎南ロータリークラブ
(許可を得て礼状より抜粋)



TOP