TOP
楊貴妃観音堂(京都)


楊貴妃観音堂 観音堂


  楊貴妃観音堂
(ようきひかんのんどう)は
京都市東山区にある
真言宗泉涌寺派の泉涌寺内にある。
  参考→泉涌寺

 観音堂には観音像を
安置する。その美しさから
楊貴妃観音と呼ばれる。

 8世紀の中国・唐代
の皇帝玄宗が楊貴妃を偲び
造らせたとの伝承を生む。

 実際の制作年代は
南宋時代と考えられる。

 月輪大師の弟子である
湛海律師が、1255年
(建長7年)に南宋から
持ち帰ったものと云われる。

 以後100年毎に開扉
という秘仏であったが
1955年(昭和30年)から
一般に公開される。

 木造彩色、寄木造
像高114.8cmである。
宝相華唐草透かし彫りの
大きな宝冠には色彩が残る。

 美人祈願・良縁祈願
として女性に人気がある。

 洛陽三十三所観音霊場
第20番となっている。


楊貴妃観音堂 願かけ地蔵(堂前)


所在地 京都市東山区泉涌寺山内町27
宗派 真言宗泉涌寺派
本尊 楊貴妃観音像
備考 洛陽三十三所観音霊場第20番



TOP