TOP
法音院(京都)


法音院 山門


  法音院(ほうおんいん)は
京都市東山区にある
真言宗泉涌寺派の寺院である。

 泉涌寺の塔頭寺院の一つで
泉涌寺への参道「泉涌寺道」
の途中にある。
  参考→泉涌寺

 創建は定かでないが
寺伝によれば、鎌倉時代末、
1326(嘉暦元年)無人如導
により開創されたと伝える。

 応仁の乱で焼失するが
江戸時代の初めに、
覚雲西堂により再建され
現在地に移されたという。

 再建に当たり、幕府や
本多正貫・同夫人の支援を
得たと云われる。以来、
本多家の菩提寺となる。

 現在の本堂の建物は
英照皇太后の大葬の際の
御須屋を賜わったものという。

 堂内には、本尊・
一面三眼八臂の不空羂索
観音が安置されている。
 
 洛陽三十三観音霊場
第25番の札所となっている。

 寺内に「寿老人」を祀る。
「泉涌寺七福神」の第7番である。


法音院 本堂


所在地 京都市東山区泉涌寺山内町30
宗派 真言宗泉涌寺派
本尊 不空羂索観音
開基 無人如導
備考 泉涌寺塔頭寺院
洛陽三十三所観音霊場第25番



TOP