TOP
称念寺(奈良)


称念寺 山門


 称念寺(しょうねんじ)は
奈良県橿原市今井町にある
浄土真宗本願寺派の寺院。

 称念寺は奈良市にもある。
当寺院は山号は今井山。
別称、今井御坊とも呼ばれる。
  参考→称念寺(奈良市)

 今井町は江戸時代
自治が認められ南大和最大
の商業都市として栄えた。

 重要伝統的建造物群
保存地区に指定され
今なお古い町並みが残る。

 称念寺はその今井町の
中核的存在である。

 今井まちまみ交流センター
華甍に寄り、歴史ある町並みを
練りながら称念寺に向かう。

 創建は定かではないが
石山本願寺の一家衆、
今井兵部豊寿が本願寺の道場を
建てたのに始まるとされる。

 住職は創建から現在まで
今井家が継いでいるという。

 本堂は入母屋造本瓦葺で
正面9間、側面10間で
豪壮な雰囲気のある建物である。

 明治天皇が神武天皇陵
参拝の際は行在所となったという。


称念寺 本堂


所在地 奈良県橿原市今井町3-2-29
山号 今井山
宗派 浄土真宗本願寺派
本尊 阿弥陀如来
備考 今井御坊別称)



TOP