TOP
貴雲寺(神奈川)


貴雲寺 山門・石標 


 貴雲寺(きうんじ)は
横浜市港北区岸根町にある
曹洞宗の寺院である。
 
 山門を潜ると正面に本堂、
本堂の右手には庫裏、
左手階段上に岸根観音がある。

 山門前の左手に
「一番札所 薬師如来霊場」
と刻まれた石標がある。

 「武南十二薬師霊場」
の1番札所で知られる。
12年に1度、寅年にだけ
開帳が行われる。

 薬師如来に対する信仰は
奈良の法隆寺や薬師寺など
かなり古い時代からある。

 武南十二薬師霊場は
安永年間(1772~80)
貴雲寺の九世住職・泰山和尚
により始めたとされる。

 武南とは武州(神奈川県)
の南(横浜市)という意味で
この地区で薬師如来を祀る
十二ヶ寺から構成されている。

 自ら始めた住職により
貴雲寺は薬師霊場の
1番札所となっている。

 武南十二薬師霊場の
7番札所に金剛寺がある。
  参考→ 金剛寺


貴雲寺 本堂


所在地 横浜市港北区岸根町614
山号 岸雲山
宗派 曹洞宗
本尊 薬師如来
備考 武南十二薬師霊場1番札所



TOP