TOP
1番と33番から(石川)


 那谷寺(なたでら)は
石川県小松市にある
高野山真言宗の寺院。

 一帯は白山連峰を
神体とする山岳信仰の
修験行場の一つとされる。

 寺伝によれば、717年
(養老元年)泰澄法師が
岩窟内に千手観音を安置
したのが始まりと伝わる。

 986年(後寛和2年)
花山(かざん)法皇が行幸。

 その際、西国観音霊場
三十三か所はすべて
この山にあると感得
したといわれる。

 三十三か所の第1番
と満願霊場の第33番を
合わせて寺名とした
との伝承がある。

 即ち、1番の那智山の
「那」と33番の谷汲山(たに
ぐみさん)の「谷」から
「那谷寺」と命名という。

 花山法皇は紀伊国熊野
から三十三の観音霊場を
巡礼し修行し法力を
身につけたといわれる。

 この法皇の観音巡礼が
現在も継承されている。


那谷寺・大悲閣(本堂)(石川)



TOP