TOP
雲松院(神奈川)


雲松院 通用門


 雲松院(うんしょういん)は
横浜市港北区にある
曹洞宗の寺院である。

 1525年(大永4年)
笠原越前守信為が父・
能登守信隆の追善のために
開基したと伝わる。

 信為は初代小机城主。
季雲永岳大和尚を開山に
迎えたという。

 寺名「雲松院」は信隆の
法名「乾徳寺雲松道慶」
に由来すると云われる。

 神奈川区神大寺に創建し
その後、当地に移転。

 この地に龍ヶ池があり
この龍の住む池に因み、
2世・天叟が山号を「臥龍山」
としたとされる。

 山門横の通用門には
名僧の誉れ高い月舟宗胡筆の
「臥龍山」の額が掛かる。

 池の龍が田畑を荒らし
5世・宗頓が封じ込めの
経文を唱えると龍は蛇に
なり亡骸を弔ったという。
 
 本堂は正面九間、側面
七間、方丈形式である。
小机城主の初代・信為、2代・
康景、3代・照重の墓がある。

雲松院 本堂


所在地 横浜市港北区小机町1451
山号 臥龍山
宗派 曹洞宗
本尊 虚空蔵菩薩
創建年 1525年(大永4年)
開基 笠原越前守信為
備考 初代小机城主の墓



TOP