TOP
本法寺(神奈川)


本法寺 鐘楼門


 本法寺(ほんぽうじ)は
横浜市港北区にある
日蓮宗の寺院の寺院。
小机町にある。

 1539年(天文8年)綱島
太郎の発願により当初、
綱島に創建されたと云われる。

 池上本門寺9世の東眼院
日純聖人を開山に迎えたという。

 その後、天正の始めに
小机城家老の1人の鈴木丹後
守が綱島から小机村字堂之脇へ
移転し長秀山本法寺と改称。

 度重なる鶴見川の氾濫により
1819年(文政2)現在地に移る。

 1873年(明治6)、本法寺の
寺子屋が小机学舎となり
城郷小学校の前身となる。

 山門は下層が門、上層に
鐘がある鐘楼門である。

 境内の「石造龍吐手水鉢」は
二頭の龍が鉢に絡みつき
龍の口から水を吐いている。

 名工の内藤慶雲と松原祐
太郎作で横浜市の有形文化財。

 なお、奉納者の鈴木弁蔵は
米成金で「鈴弁殺し」で知られ
惨殺されている。

本法寺 石造龍吐手水鉢  


所在地 横浜市港北区小机町1379
山号 長秀山
宗派 日蓮宗
本尊 一塔両尊
創建年 1539年(天文8年)
開基 綱島太郎
備考 池上本門寺の末寺



TOP