TOP
三会寺(神奈川)


三会寺 山門


 三会寺(さんねじ)は
横浜市港北区にある
高野山真言宗の寺院。

 三会寺は菩薩の龍華
三会に由来する。

 龍華三会は釈迦入滅
から五十六億七千万年後
の弥勒菩薩による法会。

 菩薩が龍華樹の下で
悟りを開き衆生済度のため
の三番の法会という。

 釈迦仏の教えで得道
しなかった者もこの会座に
列すれば成道するという。

 承安年間(1171年-75年)
一説には建久3年(1192年)
源頼朝が佐々木高綱を奉行
として建立と伝えられる。

 高綱は宇治川合戦の
先陣の功で名高く鳥山
八幡宮の西に館があった。

 高野山・金剛峯寺の
末寺で、36寺を傘下に持つ
中本寺であったという。

 本堂の本尊・弥勒菩薩は
秘仏で非公開である。

 観音堂に安置する十一面
観音は旧小机領三十三観音
霊場第2番札所である。

三会寺   


所在地 横浜市港北区鳥山町730
山号 瑞雲山
宗派 高野山真言宗
本尊 弥勒菩薩
創建年 (伝)承安年間(1171年-75年)
開基 (伝)佐々木高綱
備考 旧小机領三十三観音霊場第2番



TOP